PacificBeam Series

PacificBeam Product

store store

qa1qa02

Q. PBM-原体シリーズの採用までの経緯を教えてください。

A. まず、御社商品の詳細をお知らせください(ゴム、切削油などの基本分類に加え、MSDSなどの詳細情報がございますとより好ましいです。)それらの情報をもとに相溶性試験を行い、原体シリーズの中から御社商品と最も相性が良い原体を見つけ出します。その結果をもとに、試験検体を作成し各種試験(抗菌試験、カビ抵抗性試験など)を行い、性能を確認するとともに最適な添加率を見つけ、商品化という手順となります。

Q. PBM-原体シリーズの採用までの経緯で行う試験の詳細を教えてください。

A. 行う試験の種類は「カビ抵抗性試験」(詳細はこちら)、「抗菌力試験」、「同定試験」、「殺菌試験」などが基本となります。提携研究所での試験が可能ですので、状況に合わせた試験(例えば、試験菌を特定のものに変更する、など)も可能です。

Q.各製品のMSDS,PDSをダウンロードしたいのですが、パスワードが分かりません。

A. 弊社では、この状況ではこの薬剤というような、紋切り型の営業は行っておりません。常にお客様1社1社に各営業が担当者として就き、お客様にとって最適なもの原体を提供しようと努めています。よって、特定の原体をはじめから決めて販売という姿勢ではないことから、初めてのお客様へのMSDS,PDSのダウンロードを制限させていただいています。
ご利用をご検討の方は、まずお問い合わせをくださいませ。各営業が出向き、最適解を探しだします。

Q.使用時の注意点はありますか?

A. DSやWなど液状の原体では、成分が沈殿している可能性がありますので、ご使用の際はよく振ってからご使用ください。

Q.添加量はどれくらいですか?

A.対象とする素材、添加方法によって異なります。0.1%~2.0%ぐらいが通常の目安となりますが、詳細はお問い合わせ下さいませ。

Q.樹脂に練り込むことは可能でしょうか??

基本的に練り込み可能です。樹脂の種類と加工方法によって、最適の方法を提案いたしますので、お問い合わせ下さいませ。

Q.PBM原体シリーズで苔藻を防ぐことができますか??

添加量を調整することにより防げます。簡単な方法と致しましては、PBM-DSを規定量水道水に添加して、スプレーボトルに入れて噴霧する方法があります。より強固な固着をご希望される方は、オスモティックコーディングをご利用ください。

Q.エンプラを使用して、プラスチック容器を製造しています。PBM原体シリーズは熱に強いのでしょうか?

PBMの耐熱温度は、約400℃なのでエンプラでの製造においての問題はございませんので、安心してご使用ください。また、より高い耐熱温度が必要な場合も、適応可能な原体を提案いたしますので、お問い合わせくださいませ。

Q.金属を冷却するのに使用している、循環水にカビや藻が発生して困っています。解決する方法はありますか?

可能です。候補と致しましては、水素を水に添加する方法、装置の部品にPBMを練り込む方法などがございます。お客様にとって最適な方法を提案いたしますので、詳細をお聞かせくださいませ。

icon01

MenuSwitch ONJapanese MenuSwitch OFFEnglish